プランコレクション

ゆとりの空間と時間

M-PROJECT 考察

もともとは、全体的な広さに対してなにか物足りない空間。そこで、住まう人の構成とライフスタイルをもとに計画した。オーナー自身がプライベートな時間を過ごせるよう特別な部屋も配置。

全体的にゆとりを設け、静かに生活できるようにしている。ONとOFFを切り替える場として活用してもらいたい。

M-PROJECT PLAN

ENTRANCE
正面には、趣味や調度品などを専用に配置する家具を設置。そのディスプレイをいつでも眺めることができる。帰ってきたときに狭さを感じさせないホールとしている。

LIVING/DINING/KITCHEN
休日には、ピアノの演奏を聴きながらゆっくりとくつろぐことができる。天井には、特大のスクリーンをビルトインしているためスポーツや映画を鑑賞することが楽しくなる。キッチンは、パントリーを別に設けているため、数多くの食品をストックすることができる。

MASTER BED ROOM
ホテルのスイートルームを凌駕する空間。クローゼットには、洋服を用途やシーズンごとに分けて配列。併用してプライベートルームとセカンドリビングを配置。すべてがここで完了してしまう。

BATH ROOM
疲れを癒すために一番眺望のよいところに広めのバスタブをセレクト。ジェット・ジャグジーがあるため、バスルームでの楽しみも増える。

DATE: 2010/09/16
前へ 次へ
一覧へ戻る